乳房の検査

視触診

どれだけ画像検査が発達しても必要な検査です。
視診は左右の乳房に、皮膚の発赤・膨隆(ふくらみ)・陥凹(引きつれ)・浮腫、乳頭の陥凹、びらん、分泌物、などの有無を確認します。
触診は、乳房の硬結・腫瘤の有無を確認します。これらが存在する場合はその硬さや形、圧痛の有無や大きさをさらに詳しく触診で確認します。また乳頭からの分泌物の有無をさらに触診でも確認します。また腋窩(脇の下)、鎖骨周囲や頸部にリンパ節の腫脹(腫れ)が無いかも確認します。

マンモグラフィ

img

乳房を板で挟み圧迫して薄く均等に広げた状態で撮影する乳房専用のレントゲン検査です。片方の乳房を上下方向から1枚、左右方向から1枚の計2枚(左右では計4枚です)撮影します。乳房の一部をさらに別の小さな板で挟んで拡大写真を撮影することもあります。この検査で触診では診断できない小さな腫瘤や石灰化の有無を確認し、これらに悪性の所見があるかを判断します。乳癌診断には欠かせない検査の一つです。

乳房超音波検査(エコー)

img

乳房にゼリーをつけてその上から機械により超音波を当ててその反射をとらえて画像にする行う検査です。乳腺の状態や妊娠の有無に関係なく検査を受けることができます。この検査で非常に小さな腫瘤や乳管拡張の有無を確認します。またその内部の性質を判断することも可能です。乳癌診断には欠かせない検査の一つです。

乳管造影検査

乳頭からの分泌物がある時に行う検査です。分泌を認める乳管に非常に細い金属製の管を挿入後、この管から造影剤を注入してその後再度マンモグラフィを撮影します。
この検査により、乳管壁の不整、乳管の断裂や乳管内の腫瘤の有無を確認します。

MRI検査

img

磁場を利用した特殊な装置の中にうつぶせの状態で入り、コンピュータにより体内の組織を画像として写し出す検査です。撮影には30分程を要し、検査中はやや大きな音がします。妊娠中でも撮影できますが、体内に金属やペースメーカが入っていたり、うつぶせになるのが困難であったり狭い場所が苦手な方は検査できません。
この検査により、腫瘤の有無と腫瘤の性状や広がっている範囲を確認することができます。

細胞診

img

乳房内の腫瘤や、拡張した乳管内容物に悪性所見が存在しないかを確認する検査です。
対象とする病変に対して細い針(採血と同じ針です)を刺し、対象病変の細胞を採取します。ただし時に細胞診でも診断が付かないこともあります。そのようなときには、針生検や摘出生検をさらに追加します。

針生検

img

検査を行う対象病変は細胞診と同じですが、やや太い針(鉛筆の芯ぐらいです)を刺し病変部の組織を採取します。針が太いため、局所麻酔を行ってから検査します。細胞診よりもはっきりと診断が付く可能性は高いのですが、まれに診断が付かないことがあります。

ステレオマンモトーム

img

超音波検査では異常がなくマンモグラフィで異常所見(乳腺の引きつれや微細石灰化など)が認められた時に行う検査です。
台の上にうつぶせに寝た姿勢で乳房をマンモグラフィ検査のように板で挟んだ状態でマンモグラフィ上の対象に針を刺す検査です。検査時間は約30~60分を要します。

ハンディーマンモトーム

img

組織診と対象病変や方法は同じです。組織診よりも針が太いため、より診断の付く可能性が高い検査法です。しかし針が太いため傷口が大きく、出血などの合併症がやや高くなる可能性があります。

摘出生検

細胞診や組織診で診断が付かない場合に行います。手術室で対象とする病変を局所麻酔下に取り出して診断をつけます。
手術は日帰りで行います。