当科の治療成績

2013年は282名の新規の乳がん患者さんを治療いたしました(グラフ1)。
神奈川県内でも有数の乳がん治療施設です。
年代別治療成績(グラフ2)は、乳癌に罹患され当科で治療をお受けになった1970年代、1980年代、1990年代、2000年代、それぞれの患者さんの10年生存率を示しています。乳がん患者さんの予後が改善していることが示されており、これは検診による早期発見や乳がん治療の進歩によるものと考えられます。
そのほかに、腫瘍径別生存曲線(グラフ3)、リンパ節転移個数別生存曲線(グラフ4)、臨床病期別生存曲線(グラフ5)を示しています。いずれも病気を早期に見つけることで予後が良くなっています。

グラフ1:新規乳癌患者数の年別推移

グラフ1:新規乳癌患者数の年別推移

グラフ2:年代別生存曲線

グラフ2:年代別生存曲線

症例数 無再発生存率(10年) 全生存率(10年)
1970年代 94 61.7% 61.7%
1980年代 500 66.6% 74.1%
1990年代 934 75.2% 83.3%
2000年代 1968 90.4% 94.4%

グラフ3:腫瘍径別生存曲線

グラフ3:腫瘍径別生存曲線

症例数 無再発生存率(10年) 全生存率(10年)
tis: 非浸潤癌 288 99.0% 100.0%
t1: 腫瘍径2p以下 1355 89.4% 92.3%
t2: 腫瘍径2p以上5p以下 1320 74.8% 82.7%
t3: 腫瘍径5p以上 243 60.1% 71.8%
t4: 腫瘍が皮膚や胸壁に浸潤を認める 83 57.8% 34.9%

グラフ4:リンパ節転移別生存曲線

グラフ4:リンパ節転移別生存曲線

症例数 無再発生存率(10年) 全生存率(10年)
n0: リンパ節転移 なし 2047 90.6% 93.9%
n1: リンパ節転移 1-3個 664 76.2% 83.4%
n2: リンパ節転移 4-9個 235 60.4% 67.5%
n3: リンパ節転移 10個以上 303 41.3% 50.7%

グラフ5:臨床病期別生存曲線

グラフ5:臨床病期別生存曲線

症例数 無再発生存率(10年) 全生存率(10年)
Stage 0 287 99.0% 100.0%
Stage 1 1031 93.9% 95.5%
Stage 2 1315 81.8% 88.7%
Stage 3 543 52.7% 66.9%
Stage 4 115 28.2%